【愛の迷宮~トンネル~】の最終回のネタバレあらすじ!結末はどうなる?

今回は、「愛の迷宮~トンネル~」16話(最終回)ネタバレあらすじを書いていきます。

韓国での最終回の放送は、視聴率6.4%。

どんな結末を迎えるのでしょうか?

最後までTVで楽しみたい方は、くれぐれも見ないでくださいね。

スポンサーリンク


【愛の迷宮~トンネル~】の最終回のネタバレあらすじ

https://twitter.com/

第16話 約束のトンネル

ジェイは、ジヌのターゲットが自分であることに気づいていました。

ジヌが帰宅したジェイを襲ったところで見張っていたグァンホ、強力1チームのメンバーが現れジヌをとらえることに成功します。

ジヌに手錠をかけ感極まるソンジェ!

ジヌは取り調べに対して黙秘を貫きますが、ジェイはチョン・ホヨンはサイコパスだったが、ジヌは、それより悪いソシオパスだと分析。

母への愛情と憎悪が殺人の理由ではなく正義のためにしているという使命感によるものだったと指摘。

母がバスの中で男性に笑いかけたという理由だけで殺害したと聞きソンジェは思わずジヌに殴り掛かる場面も。

やがて捜査チームは真犯人を捕らえたことを被害者家族、同僚になるはずだったグァンホの納骨堂に報告し事件は終了しました。

ソンジェは父に犯人逮捕を伝えた後、亡き母にグァンホと共に花を捧げます。

事件を解決しヨンスクの待つ過去に戻ることにしたグァンホとの別れをソンジェやソンシク、同僚の刑事たちが惜しみます。ジェイもようやく出会えたのにと少し寂しそうですが大好きな母のもとに帰れるのだからと自分に言い聞かせてソンジェとともにトンネルの中に消えるグァンホを見送ります。

1988年、捜査中に、産気づいた妊婦を偶然助け病院に運ぶグァンホとソンシク。

無事に男の子が生まれ、母のパクさんの感謝の気持ちからグァンホと名付けられました。

ヨンスクとヨンホ(シン・ジェイ)が待つ家には、幼いソンジェが遊びに来ていました。

スポンサーリンク


【愛の迷宮~トンネル~】最終回を見終わった感想

最後の最後まで悪あがきをしたジヌ、とんでもない自分勝手な正義感のために何故罪のない人たちが殺されなければならなかったのか、本当に理不尽な犯行に腹が立ちますが、収監された後ちゃんと報いを受けます。

ソンジェの母は生き返ることはなかったけれど、グァンホが過去に無事に戻れたことでソンジェもヨンホ(ジェイ)も違った30年後を迎えるのでしょうね。良かった~。

 

愛する妻を残して30年の時を越えてしまったグァンホ。

過去と現在を結ぶカギとなるのはトンネルとグァンホと犯人。

タイムスリップして5か月後犯人とトンネルで揉み合いになり偶然に過去に戻り、また現在に戻ってしまった時もこの条件を満たしていました。

グァンホが遂に犯人を逮捕して過去に戻ることになった時、犯人はトンネルにはいないのに帰れるのかな?とちょっと心配しましたが、何故か帰ることができハッピーな結末を迎えます。

 

ちょっと?あれっ?って感じでしたが、皆で頑張って力を合わせて真犯人を逮捕したのだから、ま、許されるのかなと。

何よりグァンホ、ヨンスク、ヨンホそしてソンジェの幸せな様子が見られてほのぼのした気持ちになりました。



おわりに

今回は、『愛の迷宮~トンネル~』の第16話、最終回のネタバレの結末と感想をご紹介しました。

やっぱりハッピーエンドで終わるのがとてもすっきりしていいですね。

こちらまで幸せな気持ちにしてくれた『愛の迷宮~トンネル~』、大好きです!
↓ ↓ ↓
【愛の迷宮~トンネル~】の動画(1話無料)を日本語字幕で簡単に視聴する方法!

スポンサーリンク